【紀州産南高梅】紀州本漬け梅干 400g|【紀州梅の里なかた】オンラインショップ

紀州本漬け梅干
赤穂の塩だけで漬け込んだ、昔のままの紀州伝統の白干梅です。

【紀州産南高梅】紀州本漬け梅干 400g

1,512円
獲得ポイント:
16ポイント

ギフト設定

※お荷物に同封します。商品をふろしきで包んでのお届けはできませんのでご了承ください。
※商品に添えてお届けします。
※15文字以内となります。それ以上となる場合、注文手続き最終の『ご要望欄』に、ご入力お願いします。また同じ商品を複数ご注文いただく際、こちらでご設定いただいた項目は上書きとなりますのでご注意ください。

内容量を選択してください

1kg
1kg
400g
400g
選択された内容量:400g

商品説明

梅干し本来の酸味と風味、これぞ伝統の味

現在では、低塩で食べやすく加工された梅干しが主流となり、梅と塩だけで漬け込んだ、昔ながらの梅干しを口にする機会はめっきり少なくなりました。
でも、子どもの頃に食べた、自然のままの梅干しが懐かしい…。
そんな方は「紀州本漬け梅干」を是非ご賞味ください。
ひと粒口にいれると、一気に唾液が溢れる酸っぱさと塩辛さ。
思わず顔もしわくちゃに。やっぱり梅干しはこうでなくては物足りない!
梅干し本来の酸味と風味が堪能できる、通好みの一品です。


極上の南高梅を天然塩だけで漬け込んだ、こだわりの製法

梅生産量日本一を誇る和歌山県を代表する品種「南高梅」。
果肉たっぷりで柔らかく、実が大きく良質なこの梅を、熟練の梅生産農家が丹精込めて育て、紀州伝統の製法で梅干しに仕上げました。
漬け込みに使用するのは、ミネラルが豊富でまろやかな味が特徴の天然塩「赤穂の塩」。
約1ヶ月間漬け込んだ後は、真夏の太陽の下で、ひと粒ずつ実を返しながらまんべんなく日光に当て、干し上げます。
お求めやすい400gサイズで、気軽に召し上がっていただけますので、ちょっとした手土産や贈り物、お返しなどにも便利です。


商品情報

商品番号
1051
在庫
名 称
梅干
内容量
400g
粒 数
15~20粒
塩 分
20%
賞味期間
製造日より1年
容器形態
化粧箱
商品サイズ
縦12cm×横12cm×高さ6.5cm
包装
×

保存方法

高温・直射日光を避け、保存してください。

アレルゲン

【義務表示 7品目】特になし 【推奨表示 20品目】特になし

原材料

【原材料名】
梅、漬け原材料〔食塩〕

【原料原産地名】
和歌山県(梅)

ユーザーレビュー

レビュースコア:
平均4.8点
レビュー数:
6

あなたのレビューを投稿することができます。

  • やはりこれが一番。

    5点
    投稿者:
    かずくん
    夏場はこれに限ります。汗を大量にかいた後のこの梅干しと水、銀めしの美味いことったら。夏バテ防止、熱中症対策にこの梅干しは欠かせません。
  • 昔ながらの本格梅干し

    5点
    投稿者:
    天地我人
    まずこの梅干しはスーパー等で市販されている一般的な梅干しと異なり、塩味が非常に強烈で、砂糖等の甘味な添加物が使用されておらず、現在一般的な梅干しを食べ慣れている人からするとやや癖のあるものになっていると思います。

    しかし私はこの梅干しを食べた瞬間、何かを思い出したのですが、後になってみるとそれは実家で祖母が自分で漬けていた梅干しにソックリだと判明しました。原材料を見るとそこに表記されているのは梅、そして塩のみ。正しくこれこそが本物の梅干しだと確信しました。

    慣れない人からすると最初食べた時はしょっぱすぎる!と後悔してしまうかもしれませんが、二度、三度、是非炊きたてのご飯にのせて食べてみてください。そこには昔ながらの梅干しにしかない良さが広がっています。
  • なつかしい味

    5点
    投稿者:
    夢遊
    いつもはオレンジ色包み紙の「田舎漬け」と「梅かつお」を食べていますが、オンラインショップデビューしましたので買ってみました。
    ん~なつかしい!すっぱしょっぱい昔ながらの梅干しですね。
    夏の暑さにちょうどいいですね。夏はこれで乗りきりましょう!
  • 夏に欠かせないです。

    5点
    投稿者:
    pam
    今年も猛烈な暑さで、外で仕事する人々にとっては過酷です。
    父に依頼されて購入しましたが、しっかりと塩分が摂取できる
    こちらの商品は熱中症対策にぴったりだと喜んでいます。
    また、利用させていただきます。
  • これぞ梅干し

    5点
    投稿者:
    目黒のさんま
    昔ながらの、すっぱい梅干し。ごはんに欠かせません。特に夏の暑さ対策、夏バテに効くような気がします。